不用品回収で海外へ輸出

今朝の日本経済新聞に次のような記事がありました。

我々札幌オフィスもゴミを削減するために輸出をしております。

もちろん、ゴミを削減してオフィスの不要品や店舗の什器、飲食店の厨房機器を有効活用するのも目的ですが、

輸出をする事により、日本製品の質の良さをもう一度世界の人々に

認識してもらうのが目的です。

みなさんのご家庭に下の写真の用な時代遅れのデザインで、重くて、場所をとって、

捨てるにもお金がかかり困っているような家具はありませんか?

札幌オフィスは皆様からこのような家具を海外コンテナ輸出向けに買取をしております。

他の便利屋さんでは処分費がかかってしまう物ですが、

北海道で唯一不用品回収したものを輸出している当社だからできるサービスです。

もし、処分待ちの不要品家具をお持ちの方がいらっしゃいましたら

札幌オフィスまでお電話を!

お待ちしております。

一般の壊れていてどうにもならない不要品に関しては、当社姉妹店の

便利屋もしもぼっくす」に是非ご相談ください。

Recent Entries

One Response to “不用品回収で海外へ輸出”

  1. 周軻  Says:

    お客様 
    いつもお世話になっております。
    弊社は、国際物流と輸出入通関と船の手配などをお手掛けて、すでに7年有余の歴史を持っており、中国の深セン市を中心に営業しております。または大連港、宁波港、厦門港、青島港、シャンハイ港、天津港、香港港、深セン港、広州港などの港湾において、コンテナへのバンニング作業、コンテナからのデバン作業を手配できます。また、その他の港でも作業可能です。
    弊社は東京都と大阪と名古屋などの地区では順調に輸送実績を持っておりますが、弊社は(海、空、陸)輸送もにおいて、質の高いサービスと輸入出運賃をできる限り低価格でご提供できます。
    または、弊社では日本を拠点に代理物流センターを設置し、貴社のコストダンウに貢献できます。
    貴社は輸入出作業すれば、弊社に連絡してください。
    是非よろしくお願い申し上げます。
    Shenzhen Huaping international logistics co., Ltd

Leave a Reply